通信制高校のメリットとデメリット

通信制高校の一番のメリットは、自分のペースで勉強出来る事

通信制高校 / 高等学校通信教育 - Wikipedia

忙しい人でも高校卒業資格を取ることができる通信制高校 | 通信制高校の具体的な仕組み | 通信制高校の一番のメリットは、自分のペースで勉強出来る事

ただし、毎日登校できるところから、年に5日回程度の合宿を集中的に行う形まで様々です。
通信制高校の一番のメリットは、自分のペースで勉強することが可能なことです。
月に2?10回程度のスクーリングとレポート、テストがありますが、それ以外の時間は何をしても自由です。
アルバイトをしたり、スポーツや芸能活動を行っていて学校に通うことが難しい人でも通うことが可能となっています。
また、病気を持っている人でも無理なく通うことができるほか、年配の方でも通えるようになっています。
費用が安いため、働きながらでも通えます。
公立であれば3年通っても10万円ほど、私立でも学習内容やカウンセラーがいるかどうかでも変わってきますが、基本的には年間30?90万円程度と全日制よりも安い傾向にあります。
その他、メリットとして様々な人に出会えることが挙げられます。
いじめや不登校を経験していたり、病気があって毎日登校することが難しい、若い頃に高校を卒業できなかった人などがおり、色々な人の事情に対して対応してもらえる環境があるというのは安心できるポイントと言えます。
ただし、デメリットもあり、自分で勉強を進める必要があるため自分で時間を確保して、積極的に学習に取り組んでいく必要があります。
また、人との関わりが少ないため友達はできにくいというデメリットが挙げられます。
様々なメリットとデメリットがありますが、通信という形であれば多くのメリットを得ることができます。
学習の進め方がわからないというときには、先生に相談してみることがオススメです。