通信制高校のメリットとデメリット

通信制高校の具体的な仕組み

通信制高校 / 高等学校通信教育 - Wikipedia

忙しい人でも高校卒業資格を取ることができる通信制高校 | 通信制高校の具体的な仕組み | 通信制高校の一番のメリットは、自分のペースで勉強出来る事

具体的な仕組みとしては、まずレポートという課題を行って郵送などで学校へと送り添削してもらいます。
スクーリングと呼ばれる面接指導つまり授業を行います。
それが終わるとテストを通じて単位を取得していきます。
学年制ではなく単位制であることが多いですが、単位制は自分のペースで学習を進めいてくことが可能となっています。
最短では3年、在籍期間を活用して10年以上かけて卒業するケースもあります。
レポートは基本的には自宅で行い、学校が定めた回数のレポートを提出して添削指導を行います。
教科書で十分に勉強できる内容となっています。
レポートは郵送するのが主流でしたが、近年ではインターネットを利用してレポートを提出するという形になっている学校もあります。
スクーリングでは、直接指導してもらうことでわからないところなどを直接先生に聞くことができます。
学校によってスクーリングの形は異なりますが、一般的には月に2回程度が多いとされています。