通信制高校のメリットとデメリット

忙しい人でも高校卒業資格を取ることができる通信制高校

高校の卒業資格を取る方法はいくつもありますが、自由な時間が多いため忙しい人でも高校卒業資格を取ることができるのが「通信制高校」になります。
通信制高校は文字通り、通信によって勉強をして高校を卒業するという形です。
通常高校を卒業するためには3年以上の在籍期間を満たしている必要があるということを学校教育法によって定められています。
全日制では平日の昼間、定時制では夜間や昼間に学校に登校して勉強を受けますが、通信制では週に何回か通ったり、年に一回の合宿に参加するなど学校によって登校の仕方が変わるのが特徴です。
授業は時間割が学校側で決められており、全日制なら1日5?8時間程度、定時制なら1日4時間と決められています。
通信では通常の勉強は自分でレポートを書いて提出し、テストを受けて単位を取得するという流れになります。
スクーリングという登校日には、授業を受けることができます。
すべての通信制の高校では3年以上の在籍期間が必要となっているのも特徴です。
ほとんどの学校では単位制・2学期制を採用していることが多く、入学は4月と10月に行われています。

続き…通信制高校に通い20歳で卒業。
その後バイトをしながら少しずつ人付き合いに慣れていき、声優になりたいという夢を持ち26歳で東京に出てきました。
未だに他人も、そして自分も信じられず人との関わりが怖くなる事があります。
(黒竜/36歳)#いじめをノックアウト #いじめSOS #悩み #相談

— NHK 「いじめをノックアウト」 (@nhk_ijimezero) 2018年9月21日

忙しい人でも高校卒業資格を取ることができる通信制高校 | 通信制高校の具体的な仕組み | 通信制高校の一番のメリットは、自分のペースで勉強出来る事

通信制高校高等学校通信教育 - Wikipedia